任意売却とは?

任意売却とは、所有している持家などの不動産を自らの判断で売却することを言いますが、任意売却という用語を用いるのは通常の売却とは異なり住宅ローンの遅延などでローン債権者が競売申し立てをしているか近々申し立ての可能性がある場合において競売という所有者の意思によらない手続きとの対比と任意売却と呼んでいます。 もっとも、任意売却する以前に、住宅ローン以外に債務がありそれを圧縮すれば住宅ローンの返済を継続することができる場合には、住宅ローン条項付個人再生手続きをとることになります。その意味で、任意売却をさける手段もありうることからも、まずは弁護士に相談されることを強くお勧めします。 任意売却をする場合に、売却して住宅ローンなどの債務を弁済できれば通常の売却とは異なりませんので、通常の不動産会社に売却を依頼してできるだけ条件のいい購入者に売却することになります。しかし、売却金額で住宅ローンなどの債務を返済できない場合、これをオーバーローンといいますが、この場合には住宅ローン債権者である銀行などと交渉して抵当権を抹消してもらう交渉をする必要が出てきます。これは弁護士が本来行うべきもので、不動産会社がこれを行うことは弁護士法に違反する可能性があります。もっとも弁護士が不動産の売却の媒介まで行うことはしていません。売却の媒介(買主を捜すこと)は不動産会社の方が情報収集力や広告活動をすることでより条件のいい買主を捜すことができます。当弁護士法人が任意売却の依頼を受ける場合には、住宅ローンの金融機関との抵当権抹消交渉は弁護士が、不動産の売却は当弁護士法人が紹介した不動産会社に専任媒介していただいてその不動産会社が買主を探すことになりますので、不動産売却自体は通常のプロセスで進んでいくとお考え下さい。 このようにして任意売却することで住宅ローン債務を可能な限り返済していき、それでも残債務が残る場合に、債務整理、具体的には、任意整理(5年ほどで分割返済していく)、破産するかを検討していくことになります。

アクセス

JR池袋駅東口 徒歩7分

東京都豊島区東池袋1-25-3
第2はやかわビル9階(地図はこちら

交通

  • JR池袋駅東口 徒歩7分

債務整理の無料相談

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい