時効の援用

貸金業者からの借入債務は、最終取引日から5年が経過した時点で消滅時効が完成します。
しかし、5年が経過した時点で自動的に返済義務が消滅するわけではなく、時効消滅させるためには、貸金業者に対して、消滅時効の完成を主張する意思表示(時効援用の意思表示)を行う必要があり、意思表示を行って初めて債務の支払を免れることができます。

この意思表示は、後日の紛争を避けるために、配達証明付き内容証明郵便で行うのが通常です。

ただし、時効期間において、債務の一部返済や債務の承認をしていたり、債権者が判決等の法的手続をとっている場合には、時効が中断していますので、その時点から再度5年(判決等の場合は10年)が経過しないと時効は完成しません。
最後の取引から5年以上返済を行っていない方は、時効により借入金の債務が消滅している可能性がありますので、ご相談ください。

1

アクセス

JR池袋駅東口 徒歩7分

東京都豊島区東池袋1-25-3
第2はやかわビル9階(地図はこちら

交通

  • JR池袋駅東口 徒歩7分

債務整理の無料相談

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい