初めて公判請求(起訴)され刑事裁判を受けることになった場合に実刑判決を受けるのはどのような場合でしょうか?

初めて起訴されて刑事裁判を受ける方(初犯)でも、必ず執行猶予になるとは限らないことはお分かりだろうと思います。殺人罪で執行猶予を得る事案もありますが、例えば高齢の夫が介護に疲れ果ててやむなく高齢の妻を殺害した場合など誰が考えても同情に値する事件等極めて限られた場合です。

では窃盗などの場合はどうでしょうか。窃盗ならば初犯で執行猶予付き有罪判決になると当然のように考えられる方が多いかと思います。しかし、現実の裁判実務では100万円を超える窃盗事犯で被害弁償ができなければ確実に実刑判決が出るとお考えいただいてよろしいと思います。窃盗をどうしてもせざるを得ない事情があったとしても、裁判所はその事情だけで執行猶予付き有罪判決を出すことはまずありません。

アクセス

JR池袋駅東口 徒歩7分

東京都豊島区東池袋1-25-3
第2はやかわビル9階(地図はこちら

交通

  • JR池袋駅東口 徒歩7分

債務整理の無料相談

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい