本人が警察で勾留されているのですが、どういう弁護活動をしてもらえますか?

まず、当然のこととして弁護士が本人に接見して、容疑事実を認めているか、否認しているかを確認します。実際は容疑事実を行ったが、否認している場合には、否認することのデメリットを説明して、本人が警察官、検察官に容疑を認めることになった場合には、示談交渉をすることで不起訴処分を勝ち取る弁護活動をすることになります。
もとより、当初から容疑事実を認めている場合も同様に示談交渉などをして不起訴処分を勝ち取るよう弁護活動を行います。

アクセス

JR池袋駅東口 徒歩7分

東京都豊島区東池袋1-25-3
第2はやかわビル9階(地図はこちら

交通

  • JR池袋駅東口 徒歩7分

債務整理の無料相談

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい