本人が警察で勾留されているのですが、接見禁止がついているために私たち家族が本人に面会できないでいます。何とかならないでしょうか。

共犯事案などでは口裏合わせなどの証拠隠滅の恐れがあるために、弁護士以外の者は親族であっても接見(面会)が禁止されることが一般です。通常は、接見だけでなく、手紙のやり取りや書籍の差し入れも禁止されます。
もっとも、事件に関係していない親族について、証拠隠滅の恐れがないと裁判所が判断されるようなときは、「接見禁止解除の申立」をすることで親族に限って接見禁止が解除され、面会や手紙のやり取りができるようになることがあります。
なお、接見禁止がついても衣服や現金などは差し入れることができます。

アクセス

JR池袋駅東口 徒歩7分

東京都豊島区東池袋1-25-3
第2はやかわビル9階(地図はこちら

交通

  • JR池袋駅東口 徒歩7分

債務整理の無料相談

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい